企画広報

   ホーム  >  企画広報 [ 校長挨拶 ]

   着任のご挨拶                                        

                                                                                                                                                              校長 北里 純二

 

  満開だった桜の花びらが柳川のお堀に舞う美しさのなか、多くの先生方に暖かく迎えていただき、

4月2日に本校校長として着任いたしました。このたびは、歴史と伝統のある本校に着任し、身に余る

光栄に思います。が、その一方で重責に身の引き締まる思いがいたします。先生方とともに、明るく

元気に子ども達一人ひとりに接して、職員がチーム一丸となって教育実践の質の向上に励むよう

尽力していきますので、どうぞよろしくお願いします。
 年度末から、先生方は子ども達がスムーズに新学期のスタートが切れるよう着々と準備を整えて

いました。先生方の熱心な姿に、私も一緒に子ども達のために全力で取り組んでいこうと思いを

新たにしたことでした。始業式、入学式を終えて、子ども達が元気に登校し、校内にも活気があふれて

います。子ども達一人ひとりに笑顔があふれる学校になれば、必ず「伸び」が顕れます。一人ひとりに

応じた指導とその評価をしながら、子ども達の成長を支援していきます。これらのことは、先生方と

保護者の皆様が意をひとつにして協力しあうことで効果は一層顕著になります。これからも

「子どもファースト」で学校と家庭の連携と協力をしていただけるよう重ねてお願いをいたします。


 ここで、若干自己紹介をさせていただきます。私は、熊本県阿蘇郡小国町の出身で学齢期は

福岡市内で過ごし、現在も福岡市城南区から特急電車で通勤しております。かつて中学校の恩師に

影響を受け、陸上競技に取り組みながら保健体育の教師になることを目指し、昭和60年から高等

学校の保健体育の教諭になりました。特別支援教育は福岡高等聴覚特別支援学校が永く、聴覚に

障がいのある生徒たちの指導に頑張ってきました。今回、やや指導経験の少ない障がい教育部門が

ある本校で、さらに深い実践的な勉強をさせていただいています。


 さて、現在福岡県では「鍛えて ほめて 伸ばそう子どもの力!」というスローガンのもと、「鍛ほめ

福岡教育メッソッド」を全学校種で実践しています。私も大好きなスローガンですから本校でも子ども

たちをそれぞれに応じたしっかりとした学習で鍛えて、その成果を大いに誉めながらより一層の成長

を促したいと考えています。本校に着任させていただきました佳きご縁を大切にしながら、保健体育の

先生らしく明るくエネルギーを出しチームへの貢献を第一に考えながら、前に進んでいきたいと考えて

います。


 本ページをご覧頂いた皆様、保護者の皆様、地域の皆様には今後とも本校の教育に対しまして

ご理解とご協力をお願いいたしますとともに、私どもに対しまして一層のご指導ご鞭撻をよろしくお願い

いたします。
                                                                                         


 ホーム
福岡県立柳河特別支援学校
〒832-0823福岡県柳川市三橋町今古賀170番
Tel:0944-73-2263  Fax:0944-73-6291
Copyright(C)2015 YanaToku. All rights reserved